ダイワネットアンサー

[HeartOneカード]をより安心してご利用いただく為のご注意事項です。

お知らせ(重要)

HeartOneカードをより安心してご利用いただく為のご注意事項です。

カード会社(VISA、カード発行会社等)やポータルサイト・プロバイダー(Yahoo等)、金融機関を装ってeメールや電話、DM等でお客様のカード番号や有効期限、暗証番号等のカード情報を取得し、カードの不正利用をしようとする詐欺行為が発生しております。
大和ハウスフィナンシャルあるいは上記企業などから、eメールや電話、DM等の通信手段を用いて、 お客様の大切なカード情報をお伺いすることは一切ございません。

このような不審なメールや電話またはDM等を受け取られましても、ご回答されることのないようにくれぐれもご注意ください。

電話や電報等での金銭の請求詐欺が増えていますのでご注意ください。

「債権譲渡を受けた」「債権の回収を委託されている」等の内容で、電話や電報等で不当に金銭を請求してくる詐欺が見受けられます。
これらの多くは携帯電話に電話させたり、個人名義の銀行口座へ振込ませようとする手口です。
身に覚えのない場合はお支払いにならないようご注意いただき、少しでも不審な点がある場合は下記インフォメーションセンターまでお問い合わせいただくと共に、最寄りの警察にご一報くださいますようお願いいたします。

ダイワセゾンカード インフォメーションセンター

「クレジットカードのショッピング枠を現金化」という広告にご注意ください。

最近、「クレジットカードのショッピング枠を現金化」等とうたった広告が、新聞、雑誌、看板、インターネット等で多く見受けられ、決済にクレジットカードが利用されていることがあります。
このような取引行為は換金目的であり、カード業界ではこれらの利用を禁止しています。
また、会員の方ご自身が思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、決して利用しないでください。

カードを紛失・盗難された際に財布やカバンの中にはいっていた免許証・保険証などから、暗証番号を推測され、キャッシュカードから現金を引出されたり、クレジットカードで キャッシング被害に遭うケースが増加しています。

第三者に簡単に類推される暗証番号をご登録されますと、万が一不正に利用された場合は会員様のご負担となるだけでなく、キャッシュカードから預貯金等を引出されてしまう恐れもございますので、是非この機会に暗証番号のご変更をお勧めします。

以下のような窃盗手口が発生しています。

車上狙い 車の中に貴重品を置いていませんか?車の中に貴重品を置いて鍵をかけて出かけた後、車の鍵や窓ガラスを壊されて中にある貴重品を盗まれる手口です。ほんの2,3分車から離れる場合も充分にご注意ください。
仮睡盗 ついお酒を飲みすぎてしまい、電車の中やベンチなどで眠ってしまった際に近寄り、数秒の間にお財布を抜取ったり、介抱するフリをして財布やバッグを盗む手口です。
ブランコスリ 手元からお財布を離していませんか?飲食店などでバッグや上着などを椅子や壁にかけたり、 話に夢中になっている隙に財布を盗む手口です。貴重品などは常に身につけておく心がけが大切です。
空き巣 ピッキング等で空き巣に入られて、通帳や現金・キャッシュカード・クレジットカードを盗まれて、預貯金まで被害に遭うことがあります。

インターネットでは…『便利なものをより楽しく安全に』

身近になったインターネットですがメールのやり取りやオンラインショッピング等の取引は内容をよく確認・理解して契約することが重要です。
「思ってもみない請求がきた」などのトラブルに合わないためには危険だと思われるサイトへのアクセスは避け、カード番号や個人情報を入力する前に、サイトの記載内容やサイト管理者等を十分にご認識されますようご注意ください。

ギャンブルには注意!

最近、インターネットやDM等で、海外で実施されている「宝くじや馬券・スポーツ勝敗予想等のギャンブル」の案内が見受けられ、これらはクレジットカードで簡単に予約・購入できる場合があります。
しかし、日本国内の正式な許認可を得ていない団体等が販売する「宝くじやギャンブル」の購入は、日本の法律で禁止されています。たとえ海外で何らかの認定を受けている団体が主宰しているものであっても、日本国内から購入するとこの法律違反にあたります。
従って日本国内からインターネットやDM等で申し込んだ方も罰せられる可能性がありますので、十分にご注意ください。

海外旅行では…『トラブルを防いで楽しい思い出を!』

せっかくの楽しい観光やお買い物も思わぬトラブルに遭っては台無しです。空港やホテルのロビー・エレベーター等混雑するところでは荷物の管理には特に注意を払うようにしてください。バッグを盗まれたりしてパスポートや財布、クレジットカードなどすべて失ってしまうことのないように貴重品は小分けにするなどの工夫をし、ポケットや口の開いたバッグに財布を入れないようにしましょう。

海外トラブルQ&A

海外ではクレジットカードを利用する機会も多いと思いますが、あらかじめ知っておくと役に立つ、海外で起こりがちなトラブル例と、その防止策をワンポイントでご紹介します。 どうぞ十分にご注意いただき、楽しく快適な旅をご満喫ください。

「海外のCD・ATMでキャッシングを利用しようと思ったところ、カードを入れたのに現金が出ない。
または、現金は出てきたけれどクレジットカードが出てこない…」
このような場合、必ずその場で機械に設置の電話でCD・ATMを管理している銀行にご連絡いただくか、当社紛失受付係へすぐご連絡ください。現金が出てこなくても請求がきてしまうといったケースがありますので、必ずその場でご確認をお願いします。
HeartOneカード紛失・受付係
「外出時にホテルの部屋に置いておいたスーツケースから貴重品を盗まれてしまった」
ホテルの従業員により、お部屋に置いてあるスーツケースの鍵を開けられ、中にある貴重品を盗まれてしまうケースも発生しています。貴重品は必ずセイフティボックスを利用しましょう。
「警察官から職務質問と称して、所持金を調べられたり、クレジットカードの提示や暗証番号を聞かれたりした」
警察官といえども、暗証番号を尋ねることは絶対にありません。
「海外安全情報」にも偽装警察官に対する注意が掲載されています。カードの悪用につながる場合がありますので、他人にカード番号や暗証番号を教えないようにくれぐれもご注意ください。

ご存知ですか?『スキミングという手口による偽造カードの被害が発生しています』

スキミングとは、クレジットカードの磁気データを特殊な装置で盗み取り、他のカードにコピーして不正使用する手口です。
サウナやスポーツクラブのロッカー、飲食店の壁等に掛けた上着のポケットからクレジットカードを抜き取り、磁気データだけをコピーしてカードを戻すことで発見を遅らせる巧妙な手口です。
こうした被害を防ぐため当社でも加盟店でご利用の際に電話による“ご本人様確認”をさせていただく場合もありますのでご協力をお願いいたします。
また日頃より貴重品は長時間手元から離れることのないようお気をつけ下さい。
カードを他人に容易に貸すことも厳禁です。カードをご利用の際には自分の目の前で手続きしてもらうようにしましょう。

暗証番号は第三者に知られることのない番号にしていただくことが大切です。
以下のような数字をご使用されている方はご変更くださいますよう、お願いいたします。

ご自分・ご家族の生年月日を組み合わせた数字
例)昭和45年6月20日→1970(西暦)、4562、0620など
ご自宅・ご勤務先の電話番号を組み合わせた数字
例)03-5992-8901→5992、8901など
ご住所の番地を組み合わせた数字
例)1-12-3→1123など

暗証番号変更のお手続き方法

当社では、大切なお客さまのカードを第三者による不正使用から未然に防止するためにカードご利用について24時間モニタリングを行っております。

  • 店頭でご本人様確認をさせていただくことがございます。
    加盟店でカードをご利用の際、ご本人様のご利用であることを電話口などで確認させていただく場合がございます。
    少々お時間がかかり、ご迷惑をおかけすることがございますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
  • ご利用確認をさせていただくことがございます。
    カードご利用後に、ご本人様のご利用であったことを確認させていただくため、ご自宅や携帯電話などに、お電話で連絡させていただくことがございますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

TOP

このページの先頭へ

  • 貸金業者登録番号:近畿財務局長(4)第00803号
  • 日本貸金業協会会員 第001319号